朝の忙しい時間だけど、家事をしながら見ていました

朝、テレビをつけると前の夜に見ていたBSNHKのチャンネルのままでした。普段は民放の情報番組を見ているのですが、ふと目にするとゴルフのフェニックスオープンがライブ中継されていました。前の日に「松山英樹選手、連覇なるか?」という新聞の記事を目にしていたため気になってそのままチャンネルを変えずにつけていました。私がつけた時、16番ホール。トップをキープしていてすでにホールアウトしていたシンプソン選手と同じスコアで並んでいました。最終ホールでパットが沈まず、プレーオフに。
プレーオフも何度もピンチがありましたが、何度もシンプソン選手のボールがギリギリのところで入らないのです。そして最後は松山選手が競り勝ちました。あれだけボールが入らないってとても不思議な感覚で、神様が味方してくれたのかなと思ってしまいました。家事をしながらも見入ってしまいましたが、やっぱり日本人選手が世界で活躍するのを見るっていいことだなと思いました。

UAE戦の勝利によりサッカー日本代表のチーム基盤がより強固になった

今日の未明に2018年ロシアW杯アジア最終予選日本対UAE戦を観ました。UAEと言えば、アジアカップの準々決勝でもPK戦の末に敗退の憂き目に遭い、去年の最終予選初戦でも日本のホームゲームにも関わらず、まさかの苦杯を喫してしまいました。
最終予選の半分を一位のサウジアラビアに次ぐ二位で折り返した日本としては、ここで負けてしまえばたちまち四位に転落してしまう状況だっただけに、是が非でも勝ち点3を取りたいゲームでした。
試合はホームの声援を背に度々UAEが日本陣内に鋭いカウンターを仕掛けて危ない場面が結構ありましたが、前半の久保選手による鮮やかなダイレクトシュート、そして後半の今野選手の鮮やかな飛び出しによる追加点により、日本が2対0で見事な勝利を収めました。
今回の2連戦では長く代表を支えてきた長谷部選手が負傷により離脱を強いられ、チームの結束力が一層問われる状況でしたが、この一戦の勝利によりその結束力の強さと選手層の厚さが証明される形となりました。ミュゼ Vライン