人工知能の活躍はもうすぐそこまで来ている

過日、韓国の有名な棋士がコンピューターと対局を何度かして1勝しかできなかったというのが大きな知らせとなりました。囲碁というのは、チェスや将棋よりも複雑なのでコンピューターが勝つには依然先のことだろう、と誰もが思っていたのでかなりのダメージでした。それほどコンピューター、人工頭脳のUPというのは素早いという事が国内外にバレることとなりました。
人工頭脳の学習の度合いと戦争は実に激しくて、ありとあらゆる方面で日々学習されています。有名な愛車の一気運営編成は再びのち数年でアクティベーションされそうですし、診査の方面でも個々が見つけられない腫瘍なども発見できるようになっています。個々が使える感じになればいいなあ、と期待しています。
一方で人工頭脳が活躍する思いの外、先行きニートとなりそうな就業というのも数多く存在します。タクシー乗員もそうかもしれませんし、力仕事もスポーツマシーンが全額できるなど世界中で大きな難儀となっているようです。